人気ブログランキング |
タグ:レディ・エマ・ハミルトン ( 8 ) タグの人気記事
ER開花ラッシュ
昨日は県内のガーデニングブロガーさん達が
うちの庭にやって来られました。

皆さんのお庭に比べると、
うちなんて狭いし手入れも放置気味でどーよ、って感じで(^_^;)。
でも滅多に他人に見て貰うことがないので
開き直って、ずずずい〜っと見ていただきました!
写真マジックが通用しないから恥ずかしかったわ〜(^◇^;)。

私も皆さんのお庭に伺いたかったけれど、
今回はタイミングが合わず断念、、、。
いつか、かならず!伺いますから〜。


ちょうど咲き始めたER達。
まず、アンブリッジ・ローズ。
アンブリッジらしい開き具合。
このバラはいつでもキチンとキレイです。
ミルラの香りも久しぶり〜!
この香り、なんとなく南国をイメージしてしまいます…何でなんだろう。
e0119151_19145468.jpg
e0119151_191538.jpg
e0119151_19151418.jpg



こちらもミルラ香、コンスタンス・スプライ。
ちょっと緩めの巻き加減が好きなのです。
同じミルラでも、こちらの方がハーブのように薬っぽく感じます。
葉っぱが丸くてかわいいのです。
e0119151_19154811.jpg
e0119151_19155777.jpg



レディ・エマ・ハミルトン
とても強いフルーツの香り。
去年はなかなかいい色に咲いてくれなかったのですが、
今年は少し前まで涼しかったせいか、とってもいい色で咲いてくれてます。
気温の上昇とともに赤〜くなって行くんだよねぇ。。。
e0119151_19163296.jpg
e0119151_19164716.jpg
e0119151_1917276.jpg



コガネムシがもう飛んできたので、
今年も厚くマルチング材を敷き詰めました。
by kurogarden | 2009-05-09 19:18 | バラ
秋のレディ・エマ・ハミルトン
今のところ、タグの写真との差が一番激しいレディ・エマ・ハミルトン。
ERのタグの写真って、イギリスの冷涼な気候でのものでしょうから、
なかなかあの通りに咲かないのは分かっちゃいるのですけど(^_^;)。

それでも春の一番花は微妙な色味が出現してくれたのですが、
二番花以降、良く咲いてはくれるものの
どの花もぺったりしたオレンジ一色。
そりゃもう見事なまでの濃いオレンジ〜。
気温が高いほど色も濃くなるので、
夏の花なんてまさに「朱色」だったのです。
ま、ほとんどは摘雷してたのですけどね〜。

秋の花はというと、先週までは割とニュアンスのないペタッとした色だったのが、
今週の花はいい感じに色んな色が乗ってきてます。
一気に寒くなったからね〜。
カップも深くなって、花保ちも良くなりました♪
e0119151_16434560.jpg
e0119151_16435725.jpg
e0119151_1644879.jpg
e0119151_16441887.jpg
e0119151_16442790.jpg

by kurogarden | 2008-10-31 16:45 | バラ
秋バラ咲いてきました(2)
レディ・エマ・ハミルトン。
向こう向いてます(^_^;。
ぐいっと。
e0119151_227050.jpg
e0119151_2271843.jpg


少し前紹介したスノー・グースも。
白なんだけど、咲き始めの色が深いです。
e0119151_2275692.jpg


コンテ・ドゥ・シャンパーニュです。
秋は色が濃くて、春とはまた違う雰囲気…。
でも、花数少ないです(__;)。
春以降、2番花、3番花と一応咲いてはくれましたが、
もう片手で済むくらいの花数!
去年はもう少し咲いてくれたのにな。
春に頑張りすぎたのかな。
それとも、今の場所が午後からしか日が差さないからなのかなぁ。
e0119151_2284635.jpg

by kurogarden | 2008-10-15 22:09 | バラ
アレンジ色々
こう暑くっちゃいくら好きでも室外には長くいられません。
という事で、今日は室内のお花たち。
と言っても、庭やベランダの花を適当に切って投げ入れただけですから、
出てくる面々はウチのブログでなじみの花ばかりです(^_^;)。
e0119151_19275323.jpg


左から、スカビオサとコニファーのブルー・アイス。
ブルー・アイスの銀葉は何にでも合わせやすく、しかも超長持ち!
スカビオサも大概長持ちなのですが、コニファーにはかないませんね。
e0119151_19282927.jpg


左から2番目、白の四角いフラワーベースは
アサギリソウとスカビオサ・ブラックナイト、そしてクレマのビオラです。
長持ちトリオなのです(^.^)。
暗くて涼しい部屋(玄関)に置いてたせいか、2週間も保ってくれました。
e0119151_1928573.jpg


右から2番目はレディ・エマ・ハミルトンにニューサイランをあしらって。
レディ・エマは盛りを過ぎた花をカットしたせいかアッという間に散ってしまい、
今はニューサイランだけが残ってます。
e0119151_19291744.jpg


右端の変形ワンカップ(^_^;)にはクレマの白麗。
ベランダで鉢植えで育てていて、次々花が咲いてくれるのは良いのだけど、
クレマにしては花持ちが悪く、
しかも白だからすぐ花びらの端が茶色くなっちゃって…。
それならば、とカットして楽しもうとしたのですが、
やはり3日くらいしか保ちませんでした。
e0119151_19294061.jpg
e0119151_19295061.jpg


どれもクリザールを使用してます。
水替えもあまり必要なく、しかも長持ち!便利ですねぇ。
by kurogarden | 2008-07-23 19:30 | クレマチス
植物の恩恵
レディ・エマ・ハミルトン2番花咲いてます♪
ホントによく咲いてくれる。
春の1番花に比べると、赤みが強めに出ています。
花のサイズ自体もあまり変わらないかも。
e0119151_1723482.jpg
e0119151_17235895.jpg

梅雨時期を何とか無事に乗り切って、
バラ全般に黒点もウドンコもそれなりに押さえ込む事成功♪
押さえ込むと言っても、木酢液と生薬の散布を思い出したようにする程度で、
病気の発症自体が今のところ少ない感じ。
冬の石灰硫黄合剤が効いたのかな〜?

ただやっぱり、黒点に弱いマダム・ピエール・オジェだけは注意が必要で…、
ひどい部分にはベニカをスプレーして、
あとは景気よく病変した葉をむしり取る事でどうにかごまかしてる(^_^;)。
まぁでも、これからは気温が上がるから、しばらく病気の心配はしなくていいかな〜。
虫はどうしようもないけどね。

庭にバラがあると、「手入れ大変でしょう」と声を掛けられる事があります。
その言外には「だから私は育てないわ」であったり、
また声を掛けてくれる人皆が植物好きとは思えないので「気が知れないわ」と思ってたりするのかも。

確かに本の通りに世話するのは大変だけど、丈夫な品種を中心に選んでれば、
思う程手間はかからない…というか、かけてません。
もちろん、もっと手間を掛ければ掛けるだけ
良い花を咲かせてくれるんでしょうけどね。
そりゃ私レベルでさえ、他の草木に比べれば多少手間はありますが、
他の草木よりも、バラの前でボケ〜っと眺めてる事が多いのも事実。
こんなに育て甲斐のある植物も珍しいと思うんですよ。

まぁ、バラに限らず植物育てるって行為は、意外と恩恵があるんですけど、
こればかりは育ててもらわないと、わかんない事ですもんね〜(^_^;)。
by kurogarden | 2008-07-08 17:26 | バラ
梅雨のバラ
フライングで咲き出したバラの2番花たち。

雨がしたたるマダム・ピエール・オジェ。
e0119151_1844648.jpg


うつむくレディ・エマ・ハミルトン。
e0119151_18442474.jpg


さらに儚げなグラミス・キャッスル。
e0119151_18444420.jpg


雨の日のバラは、どこまでもしっとりと美しいです。
本格的な2番花開花はもう少し先かな。
by kurogarden | 2008-06-19 18:45 | バラ
チャールズ・レニーマッキントッシュとレディ・エマ・ハミルトン
ピーク時のチャールズ・レニー・マッキントッシュ。
一番最初の花は妙に平たく開いたのだけど、
2輪目からはご覧の通り。
e0119151_1971889.jpg
e0119151_1973064.jpg
ルーズなロゼット咲きが良い感じです。

花色はライラックと言うより少しシアン寄りのピンク色で、
イメージと違うのがちょっとガッカリだったのですが、
退色がすすみ、触れなば落ちんという風情になった時には
カタログ通り、ニュアンスのあるライラック色になっています。
いかにも花持ち悪そうではあるものの、意外とがんばってくれました。
連続開花性も噂通り抜群のようで、
ブラインドをカットしたシュートにはもう蕾が沢山付いていて、
貧弱な苗だからと心配していたのが嘘のようです。
香りは相変わらず感じられないのですが…。

e0119151_198912.jpg
レディ・エマ・ハミルトンと。


義母用にと買ったレディ・エマ・ハミルトンです。
e0119151_1991630.jpg
e0119151_1992510.jpg
手前の蕾は黒いスカビオサ、エースオブスペード。
コラボを狙ってみたのだけど、ぜ〜んぜん間に合わず…(^_^;)。
e0119151_199346.jpg
ホントのトコ、パット・オースチンが欲しかったのですが、
大型化しそうなパットよりはこの方が扱いやすいかと思って購入したものの、
手元に届いたら状態が思ったよりも悪く、かつトゲも想像より多かったので
これ幸いと自分用にしたのでした。

e0119151_19101423.jpg
花色はコーラルというか、タンジェリン・オレンジというか。
開き始めはキツク感じますが、程良く開く頃にはいい感じにソフトになります。
サーモンピンクとアプリコットイエローのベースに
タンジェリンオレンジがぼかしで入った花びらはため息が出るほど素敵です。
弁質もしっかりしていて、雨に濡れても思い切り弾く感じ。
花頸もシャキンとしてます。
でもその分散り際が潔くて、、、(^_^;)。
パットと似たバラ、と言う認識は覆され、元気印のバラって感じなのです。
by kurogarden | 2008-05-21 19:10 | バラ
やっちまったよ(泣)
ちょっと前、随分悩んでバラ苗を2つe●gei.netで注文しました。
トゲの少ないコンパクトなバラを母の日用に探していたのですが、
さすがにこの時期になると、在庫を持ってるところは限られているわけで…。
輸入苗も覚悟してポチッたのでした。

結局、注文したのはレディ・エマ・ハミルトンと
チャールズ・レニーマッキントッシュ。
レディエマは小さいトゲが結構ある、との情報は知っていたのですが、
比較的新しいERの耐病性と華やかな色合い、
それにとても繰り返し咲く品種と言うことで決定したのです。
チャールズは…送料がモッタイナイから(^_^;)。
と言うのは言い訳…自分が欲しかったのですよ。

さてさて、無事届いたのはいいのですが…
ちょっと、、、テンションダウン、、、。

今までかなり良い苗ばかり当たってたのかも知れませんが、
あまりに貧相すぎない?
それともこんなもんなのかなぁ。
ちゃんと育つんだろうか。。。

チャールズ・レニーマッキントッシュ
e0119151_17462271.jpg
e0119151_17463474.jpg
シュートは鉛筆よりはるかに細いです。
芽も、これ、芽?って感じです。
どこで剪定していいのやら…。

レディ・エマ・ハミルトン
e0119151_17471140.jpg
e0119151_17472168.jpg
チャールズよりマシなものの、アテになりそうなシュートは少ない。
確認できる芽も、楊枝の先程度の物が少しだけ。

温暖な香川での、プリプリな芽を見慣れてたからか、かな〜りショック!
たいていバラは、気候が似た地域のナーセリーさんから買うようにしていたので、
北の方面からお迎えするのは初めてで…よくわかりません。
それに、レディ・エマ。想像以上に小さいトゲが沢山。。
この小ささでこのトゲと言うことは、
無事成長してくれたなら結構なトゲになるんじゃなかろうか。
それに、このタイプのトゲって、
大きいトゲより指に残りやすくて鬱陶しいんだよねぇ。

意気消沈したまま、土を買いにホムセンへ。。。
そしたら、なんと言うことでしょう!
去年まであんなに貧相だったERコーナーが、品種も沢山!
(ちなみに、ギョーとかのフレンチ・ローズコーナーも出来てた!)
入ってきたばかりだからかもしれませんが、苗の状態もかなり良さげ!
ヨダレを垂らさんばかりにかぶりつきで見ていたら、
あるじゃないですか、レディエマもチャールズも。
ウチに届いた苗とは比べ物にならないくらい、立派な枝振り・プリプリの芽(T_T)。
か、かなしい、、、。
ふと横を見ると、「シェパーデス」。
ネットで情報収集してる時、いいなと思ってた品種です。
コンパクトだし伸び方が直立性なので場所をとらず、しかもトゲが少ない…。
しかも母好みのカップ咲き。
ただ、あいにく色味が好みじゃないかなーと見送ってたのです。
綺麗なアプリだけど、おそらくは退色して、
散る前にはオフホワイトになるでしょうから。
母は、派手系な色がお好みなんです。

でも、実際目にすると、トゲのあまりの少なさにびっくり。
ヘリデージ並に少ないんじゃないだろうか。つるつる〜。
シュートも太くはないけどしっかりしてるし、芽もプリプリと状態良し。

と言うことで、買ってしまいました。
結局は自分好みかい!ってツッコミは無しにして(^_^;)
言い訳すれば、そもそも家自体が和な昔の住宅なので、
派手色よりも、しっとりした色の方が断然合うはず…。
と、思い直したわけです。ははは。

シェパーデス
e0119151_1748346.jpg
e0119151_17481114.jpg
トゲ、少ないでしょ。
母の日の少し前に渡して、初開花を見てもらいたい。

e0119151_17483575.jpg
買った3鉢。
鉢のサイズも違うけど、あきらかに成長具合が違います。
もう、もう、、、目で確認するか、
信頼できるナーセリーからしかバラは買わない〜(T_T)

※撮影後植え替えたのですが、全て国産苗でした。
 今後の成長に期待。

by kurogarden | 2008-02-25 17:53 | バラ