人気ブログランキング |
チャールズ・レニーマッキントッシュとレディ・エマ・ハミルトン
ピーク時のチャールズ・レニー・マッキントッシュ。
一番最初の花は妙に平たく開いたのだけど、
2輪目からはご覧の通り。
e0119151_1971889.jpg
e0119151_1973064.jpg
ルーズなロゼット咲きが良い感じです。

花色はライラックと言うより少しシアン寄りのピンク色で、
イメージと違うのがちょっとガッカリだったのですが、
退色がすすみ、触れなば落ちんという風情になった時には
カタログ通り、ニュアンスのあるライラック色になっています。
いかにも花持ち悪そうではあるものの、意外とがんばってくれました。
連続開花性も噂通り抜群のようで、
ブラインドをカットしたシュートにはもう蕾が沢山付いていて、
貧弱な苗だからと心配していたのが嘘のようです。
香りは相変わらず感じられないのですが…。

e0119151_198912.jpg
レディ・エマ・ハミルトンと。


義母用にと買ったレディ・エマ・ハミルトンです。
e0119151_1991630.jpg
e0119151_1992510.jpg
手前の蕾は黒いスカビオサ、エースオブスペード。
コラボを狙ってみたのだけど、ぜ〜んぜん間に合わず…(^_^;)。
e0119151_199346.jpg
ホントのトコ、パット・オースチンが欲しかったのですが、
大型化しそうなパットよりはこの方が扱いやすいかと思って購入したものの、
手元に届いたら状態が思ったよりも悪く、かつトゲも想像より多かったので
これ幸いと自分用にしたのでした。

e0119151_19101423.jpg
花色はコーラルというか、タンジェリン・オレンジというか。
開き始めはキツク感じますが、程良く開く頃にはいい感じにソフトになります。
サーモンピンクとアプリコットイエローのベースに
タンジェリンオレンジがぼかしで入った花びらはため息が出るほど素敵です。
弁質もしっかりしていて、雨に濡れても思い切り弾く感じ。
花頸もシャキンとしてます。
でもその分散り際が潔くて、、、(^_^;)。
パットと似たバラ、と言う認識は覆され、元気印のバラって感じなのです。
by kurogarden | 2008-05-21 19:10 | バラ
<< セレスティアルとロマンチカ わ〜っと! >>