人気ブログランキング |
コンテ・ドゥ・シャンパーニュとジュード・ジ・オブスキュア
災難続きのウチのバラ、
でもポツポツと咲いてはいるのです。

e0119151_1805234.jpg
e0119151_181231.jpg
手前がコンテ・ドゥ・シャンパーニュ、
後ろがジュード・ジ・オブスキュアです。
蕾の状態では、あんまり差がありません。
と言うよりも見分けが付きません。
気持ち、コンテの方が蕾がシュッと(笑)しています。


開くとこうなります。
こちらがコンテ・ドゥ・シャンパーニュ。
e0119151_1814784.jpg
セミダブルのオープンカップ咲き。
春の花よりアプリコットがかった色味です。

で、これがジュード・ジ・オブスキュア。
e0119151_182890.jpg
e0119151_1821613.jpg
上の方で咲いてるので、背伸びして、ファインダーで確認せずに撮りました(^_^;)。
そうでもしなきゃ花の顔おがめないし〜。

うちにあるバラの中では最もディープカップ咲き。
フルーツ香という事ですが、初めてこの香りを体験した時は驚きました!
だって、オレンジガムの香り(笑)。
なんていうか、人工的なくらいの柑橘系の香りなんですよ。
想像以上によく伸びるバラだったので、この冬には地上に下ろそうかと…。
ただ、うちの地上は日照条件が悪いので、当分鉢植えでの様子見にはなるのですが。
どーなるかな〜。
by kurogarden | 2007-10-16 18:06 | バラ
<< モンタナの挿し木とメアリーローズの蕾 アンブリッジ・ローズ、そしてア... >>