タグ:マダム・ピエール・オジェ ( 12 ) タグの人気記事
バラ三昧
先日開花宣言したマダム・ピエール・オジェ。
一気にピークになりつつあります。
は、早い…!

e0119151_0395134.jpg
e0119151_040656.jpg
e0119151_0402042.jpg

オベリスクのサイズが鉢と合って無くてピサの斜塔状態(^_^;
こうして見ると、下の方がスカスカだぁ。
でも私ではこれ以上曲げられないしなぁ。
来年は開き直ってブッシュ仕立てにしようかな。


これも、開き始めると一気にいきそうなコンテ・ド・シャンパーニュ。
e0119151_0404677.jpg
e0119151_0405420.jpg
e0119151_041926.jpg

黄色よりのアプリコットからシャンパンカラーへ。
相変わらず魅力的な花色です。
半ツル仕立てのせいか、去年はあまり返り咲きしてくれませんでした。
地植えにした方が良いのは分かっているのですが…。
ここが日陰になる可能性も高いので、やはり鉢植えのまま頑張ってもらいましょう。


ちらほら開花を始めたスノーグース。
日当たりの良い場所から咲いてきました。
まだまだ花密度は上がりそうです。
e0119151_0414096.jpg
e0119151_0415236.jpg



1輪目開花のグリーンアイス。
今年もたっぷり咲いてもらいましょ!
e0119151_0421746.jpg



シメは先日もアップしたフランシス・デュブリュイ。
ゴージャスです♪
e0119151_0423914.jpg

[PR]
by kurogarden | 2009-05-05 00:45 | バラ
バラ開花!
最初に開いたのは、予想通り新入りのフランシス・デュブリュイでした。
ベルベットのような深い赤が印象的!
赤と言っても、朱赤ではなくワインレッド…って感じですね。
そして、予想外に大輪でマキマキ!
もっと小さくて巻きが緩いのかと思ってました~。
香りも一級品です!
うちにあるバラの中でも、1、2を争う香りの強さです。
e0119151_19475277.jpg
e0119151_1948898.jpg


ついで開いたのは…マダム・ピエール・オジェ!
去年もこれが最初に開いたのでした。
去年は5月になってからの開花だったので、
やはり今年は開花が少し早いようですね。

最近また冷え込んだせいか、
花色がカタログ通りに薄く出て、とってもキレイです。
e0119151_19485732.jpg
e0119151_19491197.jpg

とても強いバラで、鉢栽培にもかかわらず、
毎年強いシュートを出してくれます。
これで黒点に強かったらなぁ、と、更に欲深い私(^_^;。

さて次は…?
去年通りならば、ERのコンテ・ド・シャンパーニュが開く予定です。
[PR]
by kurogarden | 2009-04-28 19:49 | バラ
梅雨のバラ
フライングで咲き出したバラの2番花たち。

雨がしたたるマダム・ピエール・オジェ。
e0119151_1844648.jpg


うつむくレディ・エマ・ハミルトン。
e0119151_18442474.jpg


さらに儚げなグラミス・キャッスル。
e0119151_18444420.jpg


雨の日のバラは、どこまでもしっとりと美しいです。
本格的な2番花開花はもう少し先かな。
[PR]
by kurogarden | 2008-06-19 18:45 | バラ
蛍光ピンク
一番花ラストのマダム・ピエール・オジェ。
e0119151_18155122.jpg
e0119151_1816039.jpg

気温が高くなるにつれ、覆輪のピンクが濃くなってきました。
ほんっと、色だけ見れば蛍光色っぽい派手なピンクなんだけど、
覆輪のせいか、程良いのサイズのせいか、
派手さは感じず不思議な透明感があるのです。
そう、透明水彩絵の具のピンクなんだ!

ところどころに黒点病が出てはきてるのですが、
今のところ景気よく病気の葉をむしっているだけで
なんとか拡がるのは抑えられています。
葉のフチが茶色いのは春先の水切れの影響みたいで、黒点ではないようです。
このまま夏まで抑えられればいいな〜。

ここのところ余裕無くて、庭仕事できてない〜!
春の寄せ植えを解体したくてジリジリしてんのに(^_^;)。
明日の午後からは時間とれそうだけど、天気予報では雨なんだよねぇ。
車庫で作業しようかな…。蚊取り線香3本くらい立てて…。
[PR]
by kurogarden | 2008-05-27 18:16 | バラ
現在の開花状況
マダム・ピエール・オジェ。
そろそろ見頃です。
e0119151_10295940.jpg
e0119151_10301434.jpg
e0119151_103022100.jpg
最初の方に開花した花は白っぽいけれど、
段々と赤みが強くなってます。
花色が少し濁ってるのもあって、
これは多肥の影響なのか、それとも木酢液の影響なのか…。
蕾に色が付きだしてからは、木酢液の散布は控えたつもりだったんだけど。
どっちなんだろ〜。
e0119151_103123.jpg
それに葉のフチが一部、茶色くなってるのがあって、
すわ黒点か?と思ったけれど、どうも違うし…。
(黒点はすでに別の場所で発生(T_T)。景気よく葉を取ってます。)
水切れの影響かなぁ…。
今年はコガネムシ対策としてマルチングを厚〜くしたせいで、
水やりのタイミングが掴みずらい…。


e0119151_1031537.jpg
e0119151_1032177.jpg
アンブリッジ・ローズ
今年も健在の豪華なお顔。
ベランダから駐車場へ引っ越しました。
去年のコガネムシの影響なのか、花付きはイマイチ。


e0119151_1032548.jpg
e0119151_1033791.jpg
e0119151_10331526.jpg
e0119151_10332721.jpg
グラミス・キャッスル
やっぱ、ええわ〜。
私の持ってるバラの中で一番のフワンフワンなバラ。
香りも、アンブリッジのミルラより、グラミスのミルラの方が好き。
ただしめっぽう水切れに弱く、かつ夏の強光にも弱いので
昼はすぐヘロヘロに…。
今年は特に酷い気がする…単純に、地上部と鉢のサイズのバランスなのか、
あるいは根を傷めたりしてるのか…。
後者がとても心配。
こういう個性のバラなのなら、しょうがないんだけどね。

う〜ん、
色々課題は残るけど、今はお花を満喫しよ〜。
[PR]
by kurogarden | 2008-05-09 10:40 | バラ
今年初開花です!
いや、まー、モッコウバラを除いてだけど(^.^)。
あれは早咲きだもんね。

今年最初の開花は…マダム・ピエール・オジェ!
e0119151_18235944.jpg
相変わらずの素敵な香りにロマンチックな姿!

今年のオジェはスゴイのですよ♪
蕾がい〜っぱいなのデス。
去年少し寂しかったので、欲ばって冬の剪定かなり手加減したのですが、
それが功を奏したのか、あるいは春の肥料をたっぷりあげたのが効いたのか…?
単純に木が生長したからかも知れません。
それなりにブラインドはあるけれど、それは私が欲ばって細い枝まで残したせい。
これからが楽しみです〜(^o^)

…と、ほくほくしてたら、こちらにも。
コンテ・ドゥ・シャンパーニュも開花!
e0119151_18243022.jpg
まったくマークしてなかったので、本気でビックリしました。
こちらさんもやる気満々の蕾たっぷり!
おかげで今日は仕事が手に付きませんでしたよ〜(・・;)。
[PR]
by kurogarden | 2008-05-04 10:00 | バラ
トゲの話【マダム・ピエール・オジェ】ブルボン
e0119151_194117.jpg
ロゼアポット10号鉢に植え、オベリスクに誘引してます。
相原さんで長尺大苗を買ってから約1年です。
去年は太〜いべーサルシュートを出してくれました。
今年は花数アップを狙って、細いシュートも残して剪定しました。

e0119151_194182.jpg
トゲは堅めですが小さく、そしてとても少ないです。
これなら素手で誘引できます。

e0119151_1914145.jpg
花は返り咲き性と言うことですが、去年は夏までポツポツと咲き続けてくれました。
秋の花は見れなかったです。
去年の花ぶりを振り返ると、施肥が少なかったのかも知れません。
花は透明感のあるパールピンクのディープカップ咲き、という事になってますが、
我が家ではディープ…とまではいきません。
香りは、フルーツのライチみたい。
[PR]
by kurogarden | 2008-02-28 19:08 | バラ
高いマダム・ピエール・オジェ
高いって、咲いてる位置が。
ぶっ太いシュートがバビューンと伸び、
オベリスク(1m50cm)にもたれつつ、
それでも足らずにパーゴラを越え(2m50cm)、更に数十センチ彼方。
蕾なんてとんでもない、咲いてやっと気がつく始末。

育てる環境にもよるのでしょうが、
ものの本には確か高さ1メートル80センチと記されていた筈なのにね。
「枝はしなやかで誘引しやすくオベリスク向き」とかも書かれてたような…。
今年出たシュートは親指よりも太く、しかもまだ成長中。
これ、来期はオベリスクに収まるんだろうか…(^_^;)

e0119151_2032491.jpg
写真は脚立に載って撮りましたよ。

そして。
よく使われる言葉でよくわからない事が…。
「返り咲き性」とは?
てっきり、語感から春に咲いた後、もう一度、
秋あるいは不定期に咲く物、と思っていたのです。
でも、このマダム・ピエール・オジェを見る限り、
な〜んか気まぐれにポツ、ポツと咲いていて…???
ネットで検索しても、人によって定義は様々なようです。
園芸用語ってあいまいな物が多いですねぇ。

e0119151_2035142.jpg
これは、昨日のナツユキカズラのアップ写真。
こうしてみるとかわいい花です。
2ミリくらいのちっさいのが、まるで棉埃のように集まって咲いてるのです。
[PR]
by kurogarden | 2007-10-05 20:05 | バラ
マダム・ピエール・オジェの返り咲き
1輪だけポツーンと咲いてます。
暑さ残るこの時期だから、マキマキのカップ咲きは期待してないけれど、
それにしても花びら少ないね。
どー見てもいいとこ半八重。
でも半八重のこの感じも、清楚でいいかも…。
e0119151_19174144.jpg
e0119151_1917513.jpg

横から見ると、なんか変な事になってるし。
何が原因だろー。
7、8月は肥料切ってたから、肥料に当たったって事は無いと思うんだけど…。

8月中はバラの蕾をせっせと摘んでいたけれど、
9月に入って付きだした蕾たち、そろそろと大きくなってます。
今後が楽しみ!
[PR]
by kurogarden | 2007-09-07 19:18 | バラ
シュート
マダム・ピエール・オジェのシュートがぐんぐんのび、
パーゴラにまで届いてしまいました。

e0119151_1925454.jpg
写真のシュートは2本目で、
1本目はすでにパーゴラの高さをとうに越しています。
なのでパーゴラの桟沿いに横に倒したらそこからまたシュートが…(^_^;)
すごい勢いです。
[PR]
by kurogarden | 2007-08-28 19:25 | バラ