タグ:セレスティアル ( 9 ) タグの人気記事
北庭覚え書き
毎年のことだけど、
初冬に入って土が見えると「空いてる!」と勘違い。
掘り起こすのを防ぐためにw
e0119151_12243236.jpg

※クリックで拡大できます。
全体写真は4日前に撮ったものだけど、
この数日でセレスティアルが一気に開いてきました。
e0119151_1225094.jpg

e0119151_12245888.jpg




e0119151_12245611.jpg

e0119151_12245455.jpg

e0119151_12245260.jpg
フェリシテ・パルマンティエ。
もう終盤。



からめてあるクレマのワレンバーグはこれから。
e0119151_1225210.jpg



一日も早い復興を祈ります

[PR]
by kurogarden | 2014-05-19 12:27 | その他宿根草
なんちゃってパノラマ。
iPhoneのパノラマモードで撮ろうとしたけど
私の上下動が激しすぎるのか、拒否られてしまったので
毎度のいい加減な継ぎ接ぎ写真〜♪

バラはもう寂しくなってきたけど、
他の花も咲いてきてます。
e0119151_1655413.jpg





e0119151_13565052.jpg
e0119151_13565254.jpg
‘セレスティアル’



e0119151_1357145.jpg
‘セレスティアル’の中に埋もれて
全く目立たないクレマチスの‘ワレンバーグ’



e0119151_13565523.jpg
バイカウツギ‘イエローヒル’



e0119151_13565912.jpg
e0119151_13565799.jpg
3年目にしてやっと咲いた!‘ミツバシモツケ’



e0119151_13564883.jpg
‘アケボノフウロ’の白花



e0119151_13564568.jpg
‘セントーレアモンタナ’
抜いても抜いても生えてくるよ〜。





ハナサケニッポン


一日も早い復興を祈ります

[PR]
by kurogarden | 2013-05-24 14:00 | その他宿根草
北庭の記録
あいかわらず時事ネタ一切無し、
金環日食にも触れずにいきます。


mさんのマネして私もなんちゃってパノラマ写真。
考えてみれば、こうして春に写真まとめておくと
冬の間に隙間があるから植えちゃおう!とかって
寝てる宿根草を掘り返すようなマネしなくていいかもですね。
e0119151_23215978.jpg
クリックで拡大できます。


今は花のピークで、
自分としては恥ずかしいくらい派手だなぁなんて思ってたけど、
こうしてみると色味が地味なせいか派手さは感じません。
ポイントでオーナメンタルな植物入れたいけど、
巾と日照が必要ない、格好いい植物無いかなぁ。
ニューサイランはヘボヘボに増えるばかりなので抜いちゃったし。
庭というより、建物と道路の間。
その巾わずか50センチです。

北庭の顔、セレスティアルと、
まだ新参者のフェリシテ パルマンティエです。
フェリシテのこの重ねがたまらんのです。
e0119151_23223034.jpg

e0119151_2322397.jpg

e0119151_23223774.jpg

e0119151_23223071.jpg



マダム アルディも花盛り!
あとどのくらい楽しめるかな〜。
e0119151_23224736.jpg




ハナサケニッポン


一日も早い復興を祈ります

[PR]
by kurogarden | 2012-05-21 23:26 | バラ
今年のバラって…
台風で遅咲きのファイルヘンブラウも終わり、
咲いてると言っていいバラは
北面のセレスティアルを残すのみになりました。
ぽつ、ぽつと咲いていて、一向に花密度は上がりませんが、
それでも今年のセレスティアルは美し〜。
e0119151_2074350.jpg

e0119151_2074051.jpg

品種違いだったこともあって(アルバ・セミプレナが欲しかった)
正直、今までそんなにキレイだな〜って思った事のないバラですが、
今年は最後までふんわりカップ咲き。

中には、こんな風に絞りの入った花まで!
e0119151_2074561.jpg


うちで咲いた今年の春バラは、
花は綺麗に咲いてくれたのが多かったように思います。
春の気温が低かったのが良い影響を与えたんだろうな。
そして、もしかしたら、カニガラチップを芽出し肥に使ったせいかも。
あまりの匂いに辟易したんですけど、
もしカニガラのおかげなら、我慢してもいいかな〜。
逆に、花首が例年程延びてないのも多かったですね。
これもやはり、気温の影響なんでしょうか。。。



ハナサケニッポン
ハナサケニッポン

一日も早い復興を祈ります

[PR]
by kurogarden | 2011-05-31 20:09 | バラ
バラの誘引【北面】
北面は樹だけで言うと右(西)から、
ER"スノーグース"、"エゴノキ"、
鉢植えの"ノリウツギ ライムライト"
鉢植えの(でも鉢底から発根)"セレスティアル"
鉢植えの"アルバ マキシマ"
e0119151_19371214.jpg
この写真ではスノーグースから
セレスティアルの端っこまでが写ってます。
ああ、なんでここにエゴノキ植えたかなぁ(;_;)バカな私。

エゴノキの隣の螺旋オベリスク、
別の場所で使ってたのだけど、
年々でかくなるスノーグースのシュートをどうにかしたくて
今回ここに設置しました。
正面からはマトモに見えますが、
ちょっと斜めに振ると、、、、
e0119151_19371522.jpg
手前側にかしいでます。(/_;)
オベリスクって、まっすぐ立ってないといきなりだらしなく見えるんですよね。
どうにかしないと。どうにかします!

それにしても、やけっぱちのようなスノーグースの誘引(^_^;)。
本剪定はまだです。



e0119151_19371789.jpg
"セレスティアル"は教科書通りにシュートが伸びるツルバラで、
誘引も分かりやすいけど、
逃がし場所の少なさと技術のつたなさでこんな風。
かなり枝が重なってますね(^_^;)。
改めてみたら直したくなってきた…。

となりの"アルバマキシマ"調子悪、、
シュート全く出ず。
よって誘引どころじゃないので、
切り詰めてベランダで養生させます。

次は東面!
[PR]
by kurogarden | 2011-01-13 19:42 | バラ
アルバ系2種+
バラはもう終わっているのだけど、、。
セレスティアル、そういえば今年
アップしてなかったかもと言う事で。
年々愛着が増し、可愛くなります。
e0119151_1111436.jpg
e0119151_11111651.jpg
e0119151_11112657.jpg



アルバマキシマは蕾の数に浮き足立ったモノの、
咲くのはたいてい2~4輪づつで、
いつまで経っても満開感は得られず(__;)。
花首細いから、雨の度に折れちゃってたし、、。
e0119151_11114775.jpg



ちょっと消化不良なので、
ド満開でポンポンな時のファイルヘンブラウを貼っておきます。
地植えはパワーが違いますね。
今年もシュートがビュンビュンです。
逆にパワーを抑えるために、
今年はヒップを付けさせようかと、花ガラを一部ついたままに。
e0119151_11121382.jpg
e0119151_11122497.jpg

[PR]
by kurogarden | 2010-06-18 11:15 | バラ
セレスティアルとロマンチカ
セレスティアルとロマンチカ

アルバ・セミプレナのつもりだったのに、
咲いたらセレスティアルだった…と言うオチで、
去年は今ひとつ好きになれなかったバラ。
2度目の開花になる今年、かなり見る目が変わってきました。

最終的には平咲きだけれど、
開花ステージごとに色々な表情を見せてくれます。
もちろん、シックな葉の色も魅力的。
e0119151_20264715.jpg
e0119151_2027051.jpg

開きはじめのカップ咲き状態や
e0119151_20271988.jpg

朝日を浴びて透明感の増した花びらとか。
e0119151_2027285.jpg

魅力再発見!ってな感じで。

しかも。
今年はロマンチカとのコラボも狙ってみたのでした。
そう、今年は色んな花との組み合わせを楽しもうと計画していたのです。
ま、ナカナカ思い通りには行きませんけれどねぇ。
でも、ドンピシャ合った時にはとても嬉しいんですよね〜。
e0119151_2030228.jpg
e0119151_20301656.jpg
e0119151_20302614.jpg


全体はこんな感じです。
e0119151_20311037.jpg
ロマンチカは、葉の色に埋もれて分かりずらいですね。
セレスティアル、蕾は沢山ついてるのですが、
順繰りに開いては散ってるので、花密度はずっとこんな感じです。
でも、ここ北側ですから、日向に配置したらすごい事になるのかも…。
[PR]
by kurogarden | 2008-05-22 20:31 | バラ
トゲの話【セレスティアル】アルバ
e0119151_18474556.jpg
16号相当の鉢に植え、家の北壁沿いに誘引しています。
これも、今年は植え替え見送り組です〜。
デカイし重いので、今後も毎年の植え替えはムツカシイだろうな、と考えてます。
去年の冬、長尺の大苗を相原さんで買って、いきなり大きな鉢に植え付けたのですが、
心配した根ぐされもなかったようで、順調に大きくなりました。

e0119151_18481233.jpg
見ていただきたいのは、このトゲ!
針のような固いトゲが密についています。
間違いなく、我が家のトゲトゲキングですね。
この株元に落ち葉が溜まるとすごく取りにくいんだな…(^_^;)

e0119151_18483897.jpg
シュートの先は、ちょっとマシ…かな。

シュートも出やすい品種のようで、太く強く何本も出て来てくれました。
なので、貧乏性の私でも去年のシュートを躊躇無く剪定することが出来たんです。

e0119151_18485868.jpg
花はセミダブルで、ゆるいカップ〜平咲き。
綺麗に言葉を飾れば透明感のあるピンク色。
そのままいえば、面白みのない、普通のピンク色。
でも育ててみると不思議な物で、だんだんと可愛く思えるのですよね。
でも、このバラの魅力は花よりも葉だと思います。
大きめのグレイッシュな葉がとてもシックで、葉だけでも植える価値がある、かも。

実は、このバラもまた、品種違いで我が家にやって来たバラ。
ホントは「アルバ・セミプレナ」と言う、白いセミダブルのバラが欲しかったのです。
ボッティチェルリの「ビーナスの誕生」にも描かれているので有名なバラです。
日陰に強く、ローズヒップが美しい品種としても知られています。
性質は、同じアルバなので大差ないでしょうけれど、
花が咲いた時にはやはりガッカリしました。

花が咲いた頃、他にも「アルバ・セミプレナ」を送ったつもりが、
咲いたのは「セレスティアル」だった…という例があったらしく、
こちらにも相原バラ園さんから確認の連絡をいただきました。
ウチもそうである、と返事をしたらすぐに返金してくれ、かつ、
「アルバ・マキシマ」と言うバラをセミプレナの替わりに送ってくれたのでした。
その時点でセミプレナは在庫が無かったのだそうです。
品種違いでガッカリしても、その後の対応で逆に印象を良くした事を覚えてます(^.^)。
縁があってうちに来たバラですから、大事に育てていきたいです。
[PR]
by kurogarden | 2008-03-07 18:49 | バラ
セレスティアルとアルバ・マキシマ
北庭に植えてある薔薇です。
実はこれ、私にとって曰く付きのバラで。
e0119151_20374284.jpg
以前のブログには書いたのですが、
ホントーは、「アルバ・セミプレナ」と言うバラをネットで注文していたのですよ。
白い、半八重の清楚なバラ。
が、実際咲いたらピンク色!
これはこれで、とってもかわいくて気に入ってるのですが、
アルバ・セミプレナに未練はあるし、一応買ったナーセリーに連絡しなきゃな〜って考えてました。
そしたら、なんと、ナーセリーの方からメールで連絡が来たのですよ。
内容は、
冬苗で送った「アルバ・セミプレナ」の一部商品に
「セレスティアル」という品種の混同あった事。
「セレスティアル」は、葉は「アルバ・セミプレナ」同様灰緑色だけど、
花色が薄い透明感のあるピンクだと言う事。
ビンゴだ〜〜!
「セレスティアル」に決定!(^_^;)

早速「当選しました」もとい、「どーやらセレスティアルのようです」と返信。
すると、ナーセリーからは
1、代金は返金してくれ、
2、「アルバ・セミプレナ」の苗は現在在庫がない為、代換え商品として、
特性の似た「アルバ・マキシマ」の大苗を送らせて欲しい、
3、今手元にある「セレスティアル」はそのまま育ててオッケー。。。
と言うとても良心的な提案がありました。
もちろん受けましたけど(笑)

でもそんな良心的な商売で大丈夫なのだろうか…っていらぬ心配したりして。
世の中悪い人もいっぱいいるから、
ワザト嘘をついて余分に苗をゲットしようと言う輩がいないとも限りません。
それとも、花を育てる人は悪い人はいない…事はないよねぇ。
花(鉢)泥棒の話、よく聞くもん。

で、これが送ってもらった「アルバ・マキシマ」。
e0119151_20381949.jpg
e0119151_20383442.jpg
カタログで見るよりずっとカワイイ!
野趣もあり、たおやかさもあり、香りも素敵なのです。
目的の「アルバ・セミプレナ」は手に入りませんでしたが、
植物との出会いも一期一会。これも縁なのでしょうね〜。
[PR]
by kurogarden | 2007-05-31 20:39 | バラ