<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ポリゴナムの白とピンク
この時期、ヒメツルソバがきれいです。
伸びすぎてうっとうしい事もあるけど、
一面に花をつけた様子を見ると残しといて良かったなぁと。
e0119151_17333117.jpg

e0119151_17333376.jpg



これもヒメツルソバと同じくポリゴナムの仲間。
品種名は失念してしまいました。
これまた強健で、伸びすぎて他を覆い尽くすので
寄せ植え等には不適当かも。
花が咲いた様子は楚々としてかわいらしいのですが、
これでもキツ〜ク何度も切り戻してるんですよ(__;)。
ヒメツルソバと違って
縦方向に伸びに伸びてワサ〜ッとなります。
e0119151_17332667.jpg

e0119151_17332819.jpg





ハナサケニッポン


一日も早い復興を祈ります

[PR]
by kurogarden | 2012-10-29 17:36 | その他宿根草
こぼれ種
結構踏んづけちゃったけど、、
こぼれ種から気付けば大量の発芽!
オルラヤ・グランデフローラです。
ちっちゃいけど、本葉はちゃんとオルラヤしてる(笑)
e0119151_192285.jpg

e0119151_1923361.jpg

嬉しい!大好きな花なので狂喜乱舞したい気持ちです!!
ほっとくとまた踏みつけるので(笑)
いくつかは大事にポット上げしました。
まだまだあるけどね〜。

しかしホント簡単に発芽するんだね!
以前種を取って蒔いた時には全く発芽しなかったのだけど、
きっと種が未熟だったんだろうな〜。





ハナサケニッポン


一日も早い復興を祈ります

[PR]
by kurogarden | 2012-10-17 19:04 | 一年草
クレマチスをどうぞ
今年はクレマチスを
あまりブログアップしてなかったような。
というか、投稿数自体が少ないのか!
そうでしたそうでした。
て事で一気にお蔵出しです。



クリスタルファウンテン。
e0119151_15194112.jpg

e0119151_15193934.jpg

手間なしで毎年咲いてくれる!



マージョリー。
e0119151_15195360.jpg

残念ながら、夏に枯れてしまった模様、、。
モンタナ系クレマは一日で枯れちゃうんだよねぇ。



ダッチェスオブエジンバラ。
e0119151_15195256.jpg

秋にも少し咲いてくれます。



ここからは四季咲き!


ミケリテ。
e0119151_1520293.jpg

ほんと多花性!



ビオラ。
e0119151_1520546.jpg

意外とサイズが大きいので
地味色だけど咲くと派手。



アルバ・ラグジュリアンス。
e0119151_15201254.jpg

ほとんど白。
日当たりマシな場所に地植えしようかなぁ。



マダム・ジュリア・コレボン。
e0119151_15212873.jpg

e0119151_15212415.jpg

もう4回咲いてくれました。
いくらなんでも、もう終わりっぽい。



ニューヘンダーソニー。
e0119151_1521722.jpg

なんか、いつも咲いてる、、、。



ハクレイ。
e0119151_15211365.jpg

これも、いつも咲いてる、、。



ロウグチ。
e0119151_1521197.jpg

これも、以下同文。



クレマはバラより手間も体力もスペースも必要ないから、
年とったらバラよりクレマかなあ。
なんか最近そんな事ばっか言ってる気がする。
アジサイの季節には、放置で良いから
体力に自信が無くなったら
バラよりアジサイかなぁって言ってたし。
ダメですなぁ。


ハナサケニッポン


一日も早い復興を祈ります

[PR]
by kurogarden | 2012-10-12 15:28 | クレマチス
陶芸教室の作品展
昨日から、通っている陶芸教室の作品展です。
受講中は自分の作品作りに必死で(笑)
人の作品まで見る余裕がないため、
じっくりと見られるこんな機会は貴重でとても楽しみました。

私のコーナー。
e0119151_19582650.jpg


シェルフの右側3段分も、、。
去年今年と沢山休んだので
気に入る作品が少なく、
本来は別のスペースに置くはずの
販売用の作品も置いています。



ネコチャーム。
黒土で焼き締め。
ドアに引っかけたり、
プランツマーカー的に、
裏に植物名書いてぶら下げるのも良いな。
結構ザラザラなんで、
バッグチャームにするとカバンを傷めそう。
e0119151_1958271.jpg




花入れ。
これは販売用。
白土に白化粧(陶)、釉薬は青磁と淡緑の2種。
内側にだけ釉薬を使って、
口からこぼれた釉薬をそのまま残しています。
e0119151_19582939.jpg




とんすい。
一番のお気に入り!
赤土に白化粧+透明釉
5つセットで作ったのですが、
釜の置き場所の問題なのか、
窯変がキレイに出てるのと
全く出てない、真っ白いのとがあって面白いです。
e0119151_1958327.jpg





飯椀。
黒みかげ土に釉薬はこげ茶マット+志野
うまく縮れてはくれませんね〜。
販売用にしました。
後で知ったのですが、知人が買ってくれてました(笑)。
嬉しい♪


酒呑み。
白荒土に釉薬は天然土灰+内側に灰緑。
ま、小振りな湯呑み?
細身な形が気に入ってます。
少し灰緑が外にこぼれてて、そこが良い感じかなーと。
e0119151_19583477.jpg




飾り付けに使ったのは
ポールズ・ヒマラヤン・ムスクのヒップ(まだグリーン)、
ザ・ジェネラスガーデナーのヒップ、
アナベルのドライ、クレマのニューヘンダーソニーの果球、
クリスパの果球、ブルーアイス(コニファー)の実。
もちろん全て庭から(笑)。



ハナサケニッポン


一日も早い復興を祈ります

[PR]
by kurogarden | 2012-10-06 20:03 | 陶芸
白のフジバカマ
秋の七草のひとつ。
うちのは白いフジバカマ。
e0119151_13565846.jpg


蕾がつくとなかなかの風情で、
さすが、秋の七草ね!ってなものだけど、
春〜夏の姿はただの雑草(__;)。
うちで一番目立つ場所なだけに、
ちょっと移植を考えてます。
e0119151_13565682.jpg

e0119151_1357222.jpg


糸くずを集めたような花よりも、
楚々とした蕾の方が絵になる気がする・・・。



ハナサケニッポン


一日も早い復興を祈ります

[PR]
by kurogarden | 2012-10-04 13:58 | その他宿根草