<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ニューヘンダーソニー開花!
これは何番花?
切り戻せば確実に咲いてくれるので、
新枝咲きクレマの中でも信頼性の高いヒト鉢。
e0119151_17325140.jpg
e0119151_1733242.jpg

前回のコメント欄にも書いたけど、
数えてみればクレマはもう24種…。
そのうち20種は鉢植えです。
バラに比べると少々窮屈な鉢でもそれなりに咲いてくれるし、
消毒や施肥の量も少なくて済み、何よりスペースを取らない!
こんな理由からついつい気軽に増やしてしまった物と思われ…(^_^;)。

そんなラクチン栽培のクレマチスですが、
土を水はけ重視で配合しているために水分だけはたっぷり必要なのですよ。
チビ苗以外はだいたい6〜10号に植えてるのですが、
6号鉢でも最低1リットルは毎回あげています。
だから何がこたえるって夏の水不足…。

各地で被害が出る程の雨の中、
早明浦への降雨はほんの少しでまさに焼け石に水。
明日にも貯水率ゼロになりそうです。
救いはわが街にも雨が降り続いてるために水やりを少しはサボれる事。
と言っても、鉢の中には意外と降ってないモノだから、
何日かに一度は水やりが必要なんですよね。
節水を心がけていますが、これだけは…(T_T)。
肩身が狭いよう〜。
[PR]
by kurogarden | 2008-08-29 17:33 | クレマチス
春のカシス
あまりにもネタが無く(^_^;)
そう言えば、カシスはアップしてなかったな〜と、
春の写真を発掘してきました。
玄関アプローチ沿い、テッセンの隣に誘引してあります。
隣って言っても、もうお互い組んずほぐれつ状態なんですけどねぇ。

e0119151_1944646.jpg
e0119151_19504.jpg

ああ、この頃はキレイだったアプローチ…。
いまや夏枯れの茶色いゾーンと化しています(T_T)。
うちじゃぁフロリダ系の地植は夏枯れするのですよねぇ。
でも、ここのところ涼しいから、もうすぐ活動再開してくれるかなぁ。
[PR]
by kurogarden | 2008-08-27 19:07 | クレマチス
袋の中から光るのは
e0119151_1904356.jpg

見えるのか?
[PR]
by kurogarden | 2008-08-27 19:01 | クロ
バイカウツギ返り咲き?
通常春しか咲かない筈なんですが…。
ここのところ涼しいからか、全ての枝先に花が房で咲いています。
ネットで調べると、結構返り咲いてる例があるようで。
そういえばこのバイカウツギ、去年の秋にも咲いてたんだった。
これって、株が疲れて春の花が少なくなったりするのかも。
まだ蕾のはカットした方がいいのかなぁ。
e0119151_1754241.jpg


このまま秋に突入なんでしょうか…。
涼しいのは歓迎ですが、なんか異常ですね。
[PR]
by kurogarden | 2008-08-25 17:55 | 花木
カレックスのリース
カレックスの穂をぐるぐる巻いてリース風に。
e0119151_19155040.jpg

[PR]
by kurogarden | 2008-08-20 19:16 | その他宿根草
夏の寄せ植え
やたらユーフォルビア・ダイアモンドフロストが目立ってるけど(^_^;)
一応白の千日紅メインで、サントリーのフェアリーベルとシロタエギク、
ヒメツルニチニチソウの寄せ植え。
手前にある鉢は白のペンタス。
そのまた手前はどんどん斑が無くなっていくシルバー・レモン・タイム。
なんとなく白いゾーンで、この季節は涼しげで見ていて気持ちよいです。
e0119151_20482474.jpg


このセンニチコウはあまり背が高くならず、良い感じにまとまってます。
よーく見ると、カワイイ花なんだよねぇ。
ただ、やたらと芋虫に好かれるのが問題だ!
e0119151_20484430.jpg


ユーフォルビア・ダイアモンドフロストはもう定番ですよね。
レースのような花は使い勝手抜群です。
ウチの地方では冬越しも問題ないですし、
なにより強健、水さえあげれば完全放置で育てられる(笑)
今回育ててみて意外に良かったのがサントリーのフェアリーベル。
こういったカタチの花は単体で使うよりも、
違うサイズやカタチの花と合わせると良さが生きてきますね。
垂れるように咲いてくれる花に宿命の、株元の隙間も他の花が覆ってくれますし。
花が終わると自ら落としてくれるので、花柄つみの手間もありません。
冬越しもするそうなんですけど、うーん、どうしようかなぁ。
e0119151_2049022.jpg


春の寄せ植え解体をかなり放置していて、
夏用にアレンジしようと園芸店を回ったのはもう梅雨に入っていたかな。
すでに「終わった」感いっぱいでしたよ。
どれもありふれた素材だけれど、
それだけに2桁価格でゲットできたのでした(笑)。
[PR]
by kurogarden | 2008-08-19 20:50 | 寄せ植え
真夏のスノーグース、3番花!
こんなにも咲いてくれるツルバラってあるんですね〜。
春は開きかけの花にほんのりピンクが差していましたが、真夏は純白です。
青空に軽めの白い花びらが涼しげ♪
e0119151_19565811.jpg
e0119151_1957759.jpg
e0119151_19571758.jpg

この時期は芋虫類は元気ですが憎きゾウムシがいないので、
ある意味安心ですね。
[PR]
by kurogarden | 2008-08-18 19:58 | バラ
瀕死のシェパーデス
お盆に帰省したら、母の日にプレゼントしたシェパーデスが丸裸に…!!
残ったシュートも、枯れてたりシボシボになってたり(T_T)。

義母も植物が好きで色々育ててはいるのですが、
多くの人がそうであるように、適切な水やりが出来ないタイプの人なのです。
まー、私だって大したことは言えませんが…(-.-)。
土の表面だけ「濡らす」タイプの水やりが基本で、そのスタイルを何故かくずさない。
超スパルタです(^_^;)。

今までにも色んな植物をわけてきたし、
私以外からも色んな方から株をいただいているようです。
たいていは、ごく乾燥に強い物以外は成長せず徐々に枯れていく…
という経緯を辿るのですが
分けていただく植物の多くは1年草だったりで、
「そういうもの」であると思っている節が(^_^;)。
だから何度言っても
「水やりは表面が乾いてから」「鉢底から水が流れるまでたっぷり!」が出来ず、
植物キラーに甘んじている訳なんでしょうがねぇ。
冬にあげたビオラとチューリップの寄せ植えは、
春には一回り小さくなって咲いており、
チューリップも植えた半分しかまともに開花しなかったほどです。
しまいには「日の下だとしんなりして可哀想だから」と、
室内に入れてしまってトドメをさしました(^_^;)
いや、それは水切れなんだって!

でもバラって、そこらへんの草花に比べるととても強健だし、
何鉢もバラを持ってる、という状態でない限り
耐病性の優れたバラを選べば病気になる事もないし。
何より咲いた時の嬉しさと来たら、ちょっと他の植物では味わえないほど。
これならば力を入れて世話してもらえるだろうと思ってのセレクトだったのですが…。
なかなかそううまくは行かなかったようで。

実際、春は沢山の花が咲き、
朝起きてバラを見るのが楽しみだ、ってとても喜んでくれてたのです。
でも、その頃から水不足の予兆は見られてて、花が2日目にはしぼんで散ると聞いて、
「ともかく水はたっぷりあげてね!」と言ってはおいたのですが…。
葉がしんなりしたり花がしぼんだりは強光のせいだと思っていたようです。
置いてるのは軒下なんで、強光なわけないんですよ。

春の水不足がたたって根が充分に張れず、
でも頑張って2番花も咲かし、、、夏になってついに落葉が始まり。
そこにいたって、やっとアドバイスの「水たっぷり」を思い出したらしく、
弱り目の株を水責めにして残ってる根にもダメージを与えた…という
お決まりのコース(^_^;)。
なんとまぁ、土が軟らかい事(T_T)!
しかも肥料を頻繁に与え続けたせいで、
表面がマルチング材なのか置き肥なのか分からないほど。
もうね、しちゃダメな事のオンパレードで、アドバイスするのすら気の毒。

でも葉が展開しそうな芽もあるし、
シャンとした太いシュート以外は剪定して様子を見る事に。
株を持って帰って養生させようかとも思いましたが、
それをしちゃ、また同じ事を繰り返すような気がして、
なぜこうなったのか、今度どうすればいいのかをしつこく説明して帰りました。
今まではプレゼントした植物も枯れるにまかせていたんですが、
今回は投資金額が大きかった(笑)のと、
義母もさすがに「失敗した」意識があり、
リベンジしたい気持ちが大きかったようなので(^.^)。

また復活して花を咲かせてくれるといいなぁ。
だって私は一度も花を見てないんだもんね(笑)。
[PR]
by kurogarden | 2008-08-18 19:55 | バラ
夏バテの植物には?
毎日暑いですね〜!
仕事でもプライベートでも、会う人ごとに繰り返すこの挨拶。
言ったところで涼しくはならないんですけれどねぇ。

庭の植物を見回しても、アサガオですら昼を過ぎると暑さでぐったり…。
この季節に毎年考えてしまうのは、夏の肥料はみなさんどうしてるんだろう、って事。
心配なのは、肥料による根焼けです。
朝水やりしても夕方には乾く寸前って状態ですからねぇ。
四季咲きのバラやクレマチスなんかは季節に関係なく蕾を付けますから、
スタミナ切れを起こさないために肥料も切らさない方がいいような気もするし、
いやいや、人間だって食欲が無くなるくらいなんだから
活性剤くらいでお茶を濁すべきだろう、っていう気もするし…。
ネットや本でも、両方の意見があるのですよね。

去年は7月半ばから9月半ばまで、まったく肥料無しで乗り切りました。
暑いから面倒、ってのも多少アリです(^_^;)。
今年はと言うと、切り戻した株のみ肥料を与えてます。
スノーグース以外のバラは蕾をとってますから、クレマチスだけって事です。
基本有機の置き肥なので、なんとなく(←こういうのがいけないんだろうな)大丈夫かなって。
ただ、バラや他の植物には、ツキイチ程度にネメデールを与えてます。
気分的に、おまじないみたいなモンでしょうか(笑)。

写真は夏でも元気なクレマチス達。
暑さにへこたれそうな私を、どうにか庭に連れだしてくれてます(笑)。

ジプシー・クイーン
e0119151_18493918.jpg
e0119151_18495076.jpg


マダム・ジュリア・コレボン
e0119151_1850862.jpg


白麗
e0119151_18503796.jpg
e0119151_18504989.jpg

[PR]
by kurogarden | 2008-08-08 18:51 | クレマチス
ロウグチ2番花〜
茄子色・ツボ型が特徴のロウグチ。
インテグリフォリア系のクレマチスです。
e0119151_17401328.jpg

人気品種の割に流通量が少ないのか、
なかなか手に入れられずにいたのです。
でもやっとこさ去年の冬に近所のホームセンターでゲット!
しかも超捨て値価格!!

しか〜し、捨て値にはそれだけの理由があるようで、
地上の枝は見た目にも楊枝1本。
はたしてコレは生きているのかと思いつつも植え替えたらば、
地中の根も楊枝に毛が生えた程度(^_^;)。
激しく不安になりつつも、
春を迎えたらちゃんと芽を出し葉を出し花まで付けてくれました♪

そうは言っても、春の花は少〜し貧相だったのですが、
2番花以降はずっと咲き続けて、なかなかにカワイイ!
本来立ち性の筈なんですが、まだ若いからなのか?軟弱で、
色んな所に倒れては絡みまくっております。
当然倒れるから頂芽優勢も崩れ、色んな所から色んなタイミングで枝を伸ばし、
奔放に花を咲かせ続けてるんです。
ツボ型クレマチス、、、いいですね!
みなさんが夢中になるのもうなずけます。
[PR]
by kurogarden | 2008-08-05 17:40 | クレマチス